CB1300SF 買取相場

CB1300SFの買取相場と高い買取が見込めるバイク業者を3社紹介

バイクに傷や凹みがあるとどのくらい査定価格が下がる?

読了までの目安時間:約 3分

バイクを売るときになると気になってくるのが、車体の傷や凹みですね。

 

立ちごけや転倒・事故などはもちろんのこと、普通に走行するだけでも石などの飛び散りなど細かいものから大きなものまで傷やへこみの原因となっていきます。

 

そんな傷や凹みがつくことによってどのくらい査定価格が下がるのかについて今日はお伝えしたいと思うのですが、結論から言って、傷や凹みの場所・大きさなどによっても査定は変わる為何とも言えないのが答えです。

 

傷や凹みがあればあるほど、大きければ大きいほど査定的にはマイナスになっていきます。いわゆる新車の状態が100点としたら、走行距離や傷や凹みや消耗品のくたびれなど総合的に見てどんどん減点されていき査定金額はついていくようになります。

 

あまりにも見た目を損なうものでなければ、気にするほど大きなマイナスにもならないように思います。

 

全部が全部ではありませんが、傷や凹みは数千円~3万円くらい支払えばよほどひどくなければきれいに直してもらえます。

 

傷や凹みがあるからといって業者やお店が買い取った後に、傷や凹みを必ず直して販売することもないですからね。

 

逆に言えば、傷などがあることによって見た目を害するものとして数千円~数万円は下がる可能性があるということは覚えておくといいと思います。

 

コンパウンドなどで磨くことによって割とかんたんに個人で消せるような傷ならば磨いて消したが方がいいです。

 

自分でも消せる小さな傷が1カ所くらいなら変わらないが、たくさん傷や汚れがあるとそれも査定にはマイナスになるので、大きな労力をかけずできることはやっておいた方がいいでしょう。

 

まとめ

 

傷や凹みがあることによってバイクの買取は下がる。

 

でもよほど見た目を害するものでもなければ本来のパーツ代がまるまる下がるということもないので、あまり気にしなくて良い。

 

業者であれば専用修理工場もあるので、個人で直すより格安・短時間で直することができるので、傷や凹みなどは売った先で任せる方がいい。

 

コンパウンドで磨くなど、個人でできるかんたんなことはやったほうがよい。洗車くらいはしておくとよいでしょう。

カテゴリー
タグ
最近の投稿