CB1300SF 買取相場

CB1300SFの買取相場と高い買取が見込めるバイク業者を3社紹介

CB1300SFの全年式の重量まとめ

読了までの目安時間:約 4分

 

1998年からこれまで生産されてきたCB1300SFの重量・車両の重さがどのくらいだったのかわかりやすくまとめてみました。

 

20年近く販売されていますが、どのように重量は変わってきたのでしょうか。

 

早速見てみましょう!

 

CB1300SF重量まとめ

 

これまでのCB1300SFの重量表はこちらです。

重さが変わった年を主に載せてます。

 

年式 乾燥重量 総重量
1998年 249kg 273kg
1999年 251kg 275kg
2000年 246kg 270kg
2003年 226kg 254kg
2007年 232kg 260kg
2008年 - 259kg
2010年 - 261kg
2014年 - 267kg
2018年 - 268kg

 

CB1300SFの重量の歴史をあげてきましたが、なかなか重たいですね。

 

ハーレーのような大型アメリカンと比較すると重量は軽いですが、アメリカンとは違い高さがあるので、重さを感じやすいです。

ただ一度走り出してさえしまえば重さはそんなには感じないですけどね。

 

では総括します。

 

CB1300SFの重さは軽い時でも乾燥重量で226kgを超える車両になります。

 

 

一番軽い時は初期型のSC40からフルモデルチェンジしたばかりの2003年~2006年モデルになります。

ガソリン・オイルなど必要なものを取り入れても254kgで済むので、CB1300SFの中では比較的軽いです。

 

 

逆に一番重かったのは、初期型のSC40の中ででも一番最初のあたりです。総重量として275kgあるので、一番軽い時と比較すると20kgも重さが違います。

 

 

いって見れば米20kg分ごっそりあるかないかの違いのようなものです。

 

タイヤが地についているので、具体的に20kgほどの重さを感じないかもしれませんが、実際に車体の押し引きなどをしてみるとよく分かります。

 

軽いCB1300SFがいいのなら2003年~2006年までの年式を選ぶのがベストだと思います。

 

ちなみに最近よく出ているブレーキロック防止のABSモデルになると約5kgくらいプラスの重さになると考えておけばOKです。

ABSモデルは、2005年から登場してます!

 

 

まとめ

 

今回はCB1300SFの重量についてまとめてきました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

個人的には、CB1300SFは比較的重たいバイクなので、あまり重さについては気にしなくていいのではないかと思います。

 

でもその中でも初期のころにフルモデルチェンジした2003年~2006年までの区間は比較的軽いです。

 

同じCB1300SF同士で比べるとよく分かるように思います。

 

重量がすべてではないと思いますが、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

カテゴリー
タグ
最近の投稿