デカくてパワフルでかっこいいCB1300SFの買取相場最新情報を本日はお伝えしていきます!

CB1300SFの買取相場と高い買取が見込めるバイク業者を3社紹介

CB1300SFにVTECはついているのか?

CB1300SFにVTECはついているのか?VTEC仕様はCB400SFだけなのか?

更新日:

 

CB400SFについている可変バルブタイミングのVTECは大型のCB1300SFについているのか?

 

同じCBだからついているのでは?

 

そう思う方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言ってしまうと、CB1300SFには今のところVTECはついていません。

 

1998年~2019年までVTEC装備搭載モデルはありません。

 

というよりVTEC自体搭載しているホンダの車両はほとんどありません。

 

 

VTECがついている車両とは

 

CB400SFにVTECがついていることを知っている人はけっこう多いのですが、それ以外の車両にVTECがついているバイクがあるのかとなると知らない方が多いです。

 

実はホンダのVFR800にもVTECは搭載されているんです。

 

CB400SFは1999年から、VFR800は2002年から装備搭載という風になっています。

 

バルブが切り替わるタイミングは微妙に違いますが、CB400SF・VFRどちらもだいたい6000回転代で2バルブから4バルブに切り替わります。

 

ホンダのバルブタイミングが切り替わる車両は今のところこの2つとなります。

 

ちなみにVTECという名前でなければ、スズキのバンディットの250cc400ccも可変バルブ車両としてありました。

 

 

そもそもVTECって何なの?

 

ここでおさらいしておきましょう。そもそもVTECってなんなのか?

 

VTECは頭文字にそれぞれが略称で、

 

V⇒バルアブルバルブ
T⇒タイミング&リフト
E⇒エレクトロニック
C⇒コントロールシステム

 

各1文字1文字にこのような意味があります。

 

ちょっとカタカナで分かりづらいと思いますので、簡単に言うと、バルブタイミングを電子制御でコントロールするシステムのことを指します。

 

具体的に行う制御は、低回転域の走りの時はバルブを閉じて、高回転域での走りの時はバルブを開放することになります。

 

通常バルブをたくさん開放することにより、高回転の走りは強くなりますが、開放しすぎると低回転の時は走りが弱くなるので、それをうまいこと制御する、それがVTECとなります。

 

CB400SFといった中型排気量のバイクで4気筒4バルブのバイクとなると低回転域が何かと弱くなりがちになるので、それを改善するべく組み込んだシステムと考えてよいと思います。

 

 

まとめ:CB1300SFには必要ない。

 

いろいろここまで書いてきましたが、CB1300SFにはVTECは必要ありません。

 

CB400SFやVFR800と違って大型排気量で図太いパワーを醸し出すCB1300SFはバルブを無理して閉じなくても充分パワーがあります。

 

VFRは別ですが、CB400SFといった中型排気量車にはうってつけですが、大型排気量にはVTECがなくてもなんら問題なしです。

 

どうしても大型バイクでバルブ切り替えのシステムが乗りたいのならVFR800が現行でも出ているので、試乗車やレンタルバイクで乗ってみるといいかと思います。

 

 

-CB1300SFにVTECはついているのか?

Copyright© CB1300SFの買取相場と高い買取が見込めるバイク業者を3社紹介 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.